ガンちゃんという男。

大阪へ来たとき
音楽の繋がりを作ってくれたのが
ガンちゃんという一人の男であります。


彼もBANDを持っていて
めっちゃめちゃカッコイイ
ボーカリストであります。

あのシャウトは鳥肌もんだった。

そんなアーティストのガンちゃんは
オイラがレギュラーでお世話になっています
轟屋さんの音響もしてくれてまして

ステージはライブハウス並みに
照明からなにから工夫をしてくれて
轟屋の沖縄アーティストの皆さんも
彼ありきのステージだと思った事
あるのではないでしょか♪

そんな彼は9年間の勤めを終え
轟屋を卒業してしまいました♪

オイラのライブを8年間
横でずっと見守ってくれていたのも
彼、ガンちゃんです。

うまくいかなかった時のアドバイス
他にも自分の事のように考えてくれて
今のソロ下地健作があるんです。

彼のお陰で人生が変わったといっても
過言ではないです。




彼の卒業の日には
ギタリスト吉本篤央ことヨッシーも
サプライズで駆け付けてくれました。

急遽セッションが決まり。





轟屋では初の曲もならび
お世話になったガンちゃんへ♪








途中からガンちゃんも参加!!!









昔あった、あんなことやこんな事
思い出話に3人で花咲かせました♪



※わたくし事ですが
途中から和宇慶先輩が席にいたのには
個人的にひっじょーに困る(笑)
100が20になるから。
頼みますよ先輩(笑)





ガンちゃんはスタッフさんへも
お客様へも本当に愛されてました♪

それだけ愛に溢れた人!!!
だから愛がいっぱい返ってくるんだなー♪








8年間の間で、初めて彼の涙をみた♪










ガンちゃん本当にありがとう♪

あなたに救われた人は
本当にたくさんいるよ♪









9年間、本当にお疲れ様でした。

ありがとうッッッッ!!!!







ん??このポーズは.......





ライブで伝えましたが。



初ライブから満席!!!!

たった1年間で
ビッグキャットまで行った!!!!

たった1年間で活動休止した!!!!

ライブハウスでは
ちょいちょい伝説と言って頂いた
あのヤンチャなミックスチャーBAND






あの花が再び咲く!?

咲くのか!?





ピンクシーサーズ






それはまた別のお話。
スポンサーサイト
.31 2014 日記 comment1 trackback0

comment

ガンさーん(ノД`)
まさかガンさんが轟屋から旅立つなんて・・・その場に居れなかったのが本当に残念(´・ω・`)
健作さん!
写真付きのブログ更新ありがとうございます!
やっぱり轟屋最高(〃'▽'〃)
2014.01.31 19:55 | URL | 美希 #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shimojikensaku.blog10.fc2.com/tb.php/1394-ff08fa2e

プロフィール

下地健作

Author:下地健作
05'「なんくるないさ~平和の願い~」でデビュー

独創的な世界感のあるライブは多くの共感、
支持を得、2011年には海外遠征と世界へ輪を広げ、
WORLD WIDEに爆発的人気急上昇中!!


13'スペシャルユニット【nada】を結成。

芳野藤丸(SHOGUN)プロデュース

沖永良部島2世、4オクターブという圧倒的声域
多彩な表現力を持つDiceKと
宮古島出身、琉球音楽をベースにロックポップテイストのメロディ
独創的世界観ある身体全体を使った手話を取り入れ
情熱的パフォーマンスを行う下地健作によるユニット。

PickUp☆LIVE情報

QRコード

QR