FC2ブログ

カラパイア

寝る前に
色んなニュースに目を通す健作ちゃん。
興味深いタイトルに目が止まり
記事を開く。


タイトルはこれだ!!!
深宇宙から謎のシグナルが異常なほど活発に。
5時間で15回のパルスが確認される(米研究)




高速電波バースト「FRB 121102」

 2012年に初めて観測された高速電波バーストはFRB 121102と名付けられ、2015年に再び観測された。

 米カリフォルニア大学バークレー校のポスドク研究者ヴィシャル・ガジャ(Vishal Gajjar)博士は、ウェストバージニア州にあるグリーンバンク天文台の機器を用いてFRB 121102を再び観測することにしてみた。

 5時間にわたり4~8GHzの周波数帯を観測の後、収集された400テラバイトのデータを解析してみると、FRB 121102から届く新たに15のパルスが発見された。

1
色分けされたエネルギープロットに描かれる線が高速電波バースト。30億年かけて飛来したことで分散しており、検出の時間とエネルギーが異なる


そこには2つ意味合いがあるとガジャ博士は話す。

このような高周波数での検出はいくつもの(FRB 121102)起源モデルの検証に役立ちます。また4~8GHzというその周波数構造からは、我々と発生源との間に介在する中間物を理解することができます


いったいなぜ?深宇宙から発せられる強いシグナル

 FRB 121102の位置は、30億光年先にある矮小銀河であることがすでに分かっている。しかしこれほどにまで強いシグナル源が具体的に何であるのかは依然謎のままだ。

ガジャ博士によれば、反復することと現在の活動が高まった状態から、ブラックホールの衝突といった破壊的な説明のいくつかは除外できるようだ。だが、他の高速電波バーストについては、そうした事態はありうるという。


高速電波バーストの発生源が何であれ(あるいは誰であれ)、それはまだ地球上にいる唯一の生物が単細胞生物でしかなかったはるか昔に放たれた。

ひょっとしたら古代の知的生命は地球における生命の萌芽を手がかりに、我々の技術レベルが十分発達した頃に到達するようそれを送信したのではあるまいか?

だが今のところ地球外生命の証拠は得られていないわけだから、パルサーのような自然現象のほうが説明としては現実的だろう。







なるほど!
全く解らない!




名言集

あんたの頑張ってる姿を見て
頑張ろうって思う人がいるんだよ!

著者不明






スポンサーサイト
.11 2017 日記 comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shimojikensaku.blog10.fc2.com/tb.php/1656-6fd7be17

プロフィール

下地健作

Author:下地健作
05'「なんくるないさ~平和の願い~」でデビュー

独創的な世界感のあるライブは多くの共感、
支持を得、2011年には海外遠征と世界へ輪を広げ、
WORLD WIDEに爆発的人気急上昇中!!


13'スペシャルユニット【nada】を結成。

芳野藤丸(SHOGUN)プロデュース

沖永良部島2世、4オクターブという圧倒的声域
多彩な表現力を持つDiceKと
宮古島出身、琉球音楽をベースにロックポップテイストのメロディ
独創的世界観ある身体全体を使った手話を取り入れ
情熱的パフォーマンスを行う下地健作によるユニット。

PickUp☆LIVE情報

下地健作1stアルバム「ダンデライオン」ライブ会場にて一般発売開始【税込2500】

ライブ会場にてグッズ販売開始!!! オリジナルTシャツ限定100枚 サイズS.M.L.XL【税込3000】※完売致しました

なんくるないさラバーバンド 3色【税込500】※無くなり次第終了 下地健作 オリジナルLINEスタンプ
★コチラをクリック★

QRコード

QR